これから各社が力を入れるコンテンツは?

今は紛れもなくビデオ・オン・デマンド戦国時代。
今後も加入者は増え続けると思われ、
海外からの上陸に加え国内からも新進気鋭のサービスが出てくることが予想されます。

この戦国時代を生き抜くため各社はどのように考えているのでしょうか。
今後の各社の動向を知った上で加入しておけば、長いお付き合いができそうです。

見逃し配信のHulu

Huluは見逃し配信を重視する様子。
放映された番組が数日以内に再びHuluで視聴できる状態になるケースも増えそうです。
うっかり録画予約を忘れた時や、後になってドラマが面白かったという情報を仕入れた時などは、Huluが便利そうです。

海外ドラマは新作を重視

海外ドラマは鮮度を重視するようで、
今後も入れ替わりが激しそうな予感です。

Huluで海外ドラマを見たい人は常に何が配信中なのかチェックするのを忘れないことが大事。

Huluの加入はこちらから

アニメのdTV

dTVは今後もアニメを重視する様子。アニメ好きにはますます欠かせないツールになっていきそうです。
オリジナルアニメやアニメのスピンオフの強化も期待できそうです。

気楽に短時間に

ダウンロード機能はdTVの強みの1つ。
そのため通勤・通学時間に視聴する人が多いのも特徴です。
そこで、dTVは気楽に短時間に楽しめるコンテンツを充実させる見込みです。

オリジナルのお笑いやバラエティ番組を増強する可能性があると思われます。
お笑いファンの人にもdTVは使えるツールになりそうです。

まだまだ韓流をひっぱるU-NEXT

U-NEXTといえばアダルトがあるのが特徴ですが、
実は韓流も強いのです。

最近はテレビでの韓流放送が減ってきているので、
韓流ファンにはぜひおすすめしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です