ファンの平均は41歳男性 男が次に見るべきドラマが絶対に『ゲーム・オブ・スローンズ』である5つの理由

GOTを見てないなんてありえない!!

もうね、もう叫びたい。この日本にはゲーム・オブ・スローンズを語り合える人が少なすぎる!!!
もうすぐ最終章が始まるというのに、私は誰ともゲーム・オブ・スローンズを語らず終わるのか。というわけで、今すぐ『ゲーム・オブ・スローンズ』を見る人を増やすべくこのエントリーを書きました。今ならhuluでシーズン6まで見られますよ!!!

ゲーム・オブ・スローンズはエミー賞38部門受賞したメガ・メガ・メガヒットドラマ!
見ないなんて損してる!きっと損してる!!

この記事はこんな人のために書かれました
・次に見るおもしろいドラマを探している人
・派手な戦闘シーンが好きな人
・ドロドロしたドラマが好きな人
・中世ものが好きな人
・外国の人と接する機会が多く、話題に乗り遅れたくない人

『ゲーム・オブ・スローンズ』について

2011〜アメリカドラマ。2018年または2019年にファイナルシーズン放送予定。

その人気たるや、レディーガガやハリーポッターよりもファンがいるという噂もあるほど。視聴者は男性がやや多く、平均年齢は41歳。

38のエミー賞を受賞。映画なみの予算を投じ、すさまじいスケールだ。

あらすじ

そこは数年の夏が続いた後、数年の過酷な冬が続く大陸、ウェスタロス。かつてここには7つの王国があったが、ドラゴンを引きつれて異国から攻め入ったターガリエン家にすべて支配され、1つの王国として共存していた。
物語はそれから数百年後に起こる。

北部を統括するスターク家の当主ネッドは、親友でバラシオン家の当主であるロバートとともに、暴虐なターガリエンの王を討った。その後ロバートが新たな王となりウェスタロス大陸を支配していた。
北部で妻子たちと静かな暮らしをしていたネッドだが、ロバート王の要請を受けて首都へと下ることとなる。その首都で、ネッドは王妃の策略により窮地に立たされ…
そこから全土は戦乱に巻き込まれていく。手段を択ばぬ王妃、計算高い補佐官たち、そして前王家ターガリエンの血を引く生き残りの子たち…有力貴族たちが裏切りとだまし合いを繰り返し玉座を狙う。

混乱の中、ネッドの愛する妻子もバラバラになり数奇な運命をたどることになる。

あなたが『ゲーム・オブ・スローンズ』を見るべき5つの理由

日本では見られない激しい描写

『ゲーム・オブ・スローンズ』を見た人がまず驚くのはその過激な性描写だと思う。
日本では決して流れないようなシーンが盛りだくさん。決して家族では見られないが、この大胆さに引き付けられる。

暴力描写にも事欠かない。中世的な世界だから、皮をはぐ、取った首を串に刺して飾るなんて当たり前。
でもこの暴力表現こそが、登場人物たちの生きる中世的世界の過酷さをよりリアルにしてくれる。

戦争シーンが熱い!!

戦争シーンと言えば、走る歩兵たち、馬の脚、どこともわからない隔離された場所で指示を出している司令官たち…お決まりの描写が多くて、これまではスマホに目を落とすことも多かった。

でも『ゲーム・オブ・スローンズ』の戦争はアツイ!!!!中でも、シーズン6最後の闘い

ほとんど1話すべて、じっくりと戦闘シーンが流れる。その間中心臓が鳴りやまないほどの臨場感
屍に足をとられ、血と汗と泥と振り乱れた髪が視界を遮る。どちらが敵の方向かもわからない。襲ってくる人間をとにかく倒す。絶望的な状況に諦めたくなるが、負ければ家族に、民に塗炭の苦しみが待っている。
これが戦場なのだ、と思わされる迫力だ。

とにかく、とにかく見てもらいたい!!!!

とにかく先が読めない

主人公クラスがバタバタ死ぬとか、すっごく活躍しそうな魅力的な人物がいきなり死んだりとか、「さすがにここでは逆転するよね」みたいな戦況でもやっぱり負けたり、予想を裏切る展開だらけ

魅力的すぎる役者たち

『ゲーム・オブ・スローンズ』には決まった主人公がいない。多くの登場人物たちの生きざまを追う形になっている。
魅力的な人物があまりに、あまりに多すぎるが、この作品でとくに特徴ある、「見ておくべき」役者の役どころを中心にご紹介。

ティリオン(ピーター・ディンクレイジ):長身と美貌を誇るラニスター家に生まれた、小人症の男。姉は女王として君臨しているが、彼はその容貌から一族ののけ者。
大酒飲みで、裕福さを武器に女漁りばかりしている。だが戦乱が深まる中、持ち前の賢さを発揮していく。それでも、どれだけ活躍しても民や家族からは裏切られ続ける。
正義の人だが、完ぺきではない。たまに拗ねたり自暴自棄になったりするからこそ、この人物に激しく感情移入し、応援できる。長身で美しい人ばかりがスクリーンを埋め尽くすのが常識のような中で、小人症という型破りな登場人物でこんなに葛藤や悲しみを共有できる人物は他に思い当たらない。

デナーリス(エミリア・クラーク):前王家、ターガリエンの生き残りの少女。復権をもくろむ兄により、騎馬民族の長の妃にさせられる。彼女は幼いならではの柔軟さで騎馬民族たちの文化に慣れ親しみ、政略結婚させられた異民族の王を心から愛すようになる。
やがて古のターガリエンがそうしていたようにドラゴンを飼いならすことを覚えた彼女は、父が支配したウェステロス大陸に攻め入るため軍隊を集める旅に出る。
エミリア・クラークは世界一の美しい顔100選の1位に選ばれたこともある。

@emilia_clarkeがシェアした投稿

レディー・モーモント(ベラ・ラムジー):物語後半に登場する、北部の小貴族の当主。女も当主の座につき男同様戦に出る一族で、幼くして母の跡を継いだ。
ベラ・ラムジーは若干12-3歳で、なんとこのドラマがデビュー作。彼女の衝撃的な登場はSNSでの大爆発をもって迎えられた。色白の小さな体からにじみ出る圧倒的な威厳と存在感!でももう一度見るとやっぱり小さな少女。

歴史的にも類を見ないドラマ!

エミー賞38冠は、ドラマシリーズとしては最上最多。アメリカでは各エピソードの平均視聴者数が3千万人と推測されている。さらにアメリカで「カリーシー」(デナーリスが嫁いだ騎馬民族の言葉で女王)という名前の女の子が急増するという社会現象まで起き、とにかく破格のドラマなのだ。

圧倒的なおもしろさの『ゲーム・オブ・スローンズ』。でも日本では登場人物が多く複雑だと、アメリカほどは人気が出ていません。
でもこちらの相関図を見れば絶対に大丈夫!ぜひ印刷して片手に持ちながら見てください。

ゲーム・オブ・スローンズ、これだけ知っておけば大丈夫!見るときは印刷して手元にもっておいてもらいたい!

2017.10.26

シリーズリストと配信しているVOD

『ゲーム・オブ・スローンズ』はここで見るべし!

タイトル hulu Netflix dTV U-Next
シーズン1 × × ×
シーズン2 × × ×
シーズン3 × × ×
シーズン4 × × ×
シーズン5 × × ×
シーズン6 × × ×

現在主要なVODで『ゲーム・オブ・スローンズ』を配信しているのはHuluのみ。シーズン7は2018年末頃公開されるのではないかと思われる。
いち早く見たい人はスカパー!での視聴がおすすめ。

huluで配信してるその他のおすすめ作品

オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~

あらすじ

実在したオスマン帝国最盛期の皇帝スレイマンのハーレムで、元奴隷だったヒュッレムが上り詰めていく物語。ハーレムならではのドロドロした策略と陰謀に、華やかに着飾った女性たちの豪華さが相まって、見ごたえ抜群。
世界中で20億人が視聴したスーパーヒットトルコドラマ。

ホビットとロードオブザリングシリーズ


あらすじ

ホビット・ドワーフ・エルフや魔法使いが住む世界の物語。冥王サウロンの力を秘めた「指輪」を封印するため旅に出るホビット族のフロド・バギンズの物語。
同シリーズの「ザ・ホビット」はドワーフ族とホビットの友情と旅の物語。

huluについて

月額1,072円(税込)。2週間のお試し期間があり、この期間中に退会すれば完全無料なので、一度はお試しを!

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中



あなたが次に見るべきドラマが『グリム(GRIMM)』である5つの理由

2017.12.06

あなたが次に見るべきドラマが『オーファンブラック~暴走遺伝子~』である5つの理由

2017.12.06

あなたが次に見るべきドラマが『SHERLOCK/シャーロック』である7つの理由

2017.11.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です