アメリカ版『グッドワイフ』あらすじと結末ネタバレ

年明け1月より、TBS日曜劇場にて常盤貴子主演の『グッドワイフ』の放送が始まります。
『グッドワイフ』は2016年に完結した同名アメリカドラマのリメイク。
夫に裏切られ弁護士復帰したアラフォー女性の恋と法廷バトルを描き、政治も絡めた名作です。

リメイクと言えば、同じ法廷モノだった前期の『スーツ』がいまいち振るわなかったことが記憶に新しいですよね。日本の法律事務所とアメリカの法律事務所ではちょっとカラーが違っているので、どうもリメイクがしっくりこなかったのが原因だと思います。

『グッドワイフ』はさらに、政治も絡んでくるドラマ。また、「良い妻」に対する考え方も日米で大きく違うので、それをどのように日本風にアレンジしてくるのかに注目が集まります。

そこで、日本版『グッドワイフ』が始まる前にアメリカ版のあらすじと結末をご紹介します。日本版との比較をしてみたい方、また見たけれど内容を忘れたという方は以下にて内容をご確認ください!

アメリカ版『グッドワイフ』のあらすじ

州検事だった夫のピーターが女性問題と収賄スキャンダルで失脚し、アリシアは家計を助けるため13年ぶりに弁護士としての仕事に復帰した。復帰を助けてくれたのはかつてのロースクールの仲間、ウィル。実はウィルに対するほのかな恋心を抱いていたアリシアは、夫ピーターとウィルとの間で心が揺らぐ。

ドラマは1話完結になっている法廷ドラマと、主人公アリシアの恋や葛藤を描くヒューマンドラマの二本柱でできています。
法廷サスペンスやアリシアの人生の行方ももちろんですが、独立して新たな事務所を立ち上げようとしたり政治家デビューしようとしたりといった展開もあり、女性の生き方や、善意と野心のバランスなども大きなテーマ。その過程とそれにまつわる人間関係が実にリアルに描かれていきます。

家族につくして耐える女性である一方、計算高く冷徹な弁護士の顔ももつアリシア。どちらが本当の彼女なのでしょうか。

アリシアは離婚するの?恋の行方は?

全7シーズンの間で、アリシアは結局自分を裏切った夫・ピーターとの離婚は成立しません。世間体と打算もありますが、どこかでピーターを見捨てきれないのです。同時進行でウィルと関係を持ち、2人の間で心が揺れ動きますが、ウィルの突然の死により関係は終了してしまいます。

次に登場したのは自由に生きる男、ジェイソン。最後のシーズンに入りアリシアはとうとうピーターとの離婚を決意して動き出しますが、ジェイソンはアリシアが本当にピーターの元を去るとは思っていません。アリシアが誰かに必要とされたいのだという本心を見抜いているのです。

アリシアは本当にピーターの元を去り、ジェイソンと幸せになれるのか・・・わからないままストーリーは最終話に突入します。

終わり方は?最終回はどんな話?

過去に起きた殺人事件で、支援者の息子に不利な証拠の隠ぺいを行ったことで罪に問われるピーター。アリシアのビジネスパートナーのダイアンがピーターの弁護に立ちます。

対するは連邦検事フォックス。フォックスはアリシアに司法取引を持ち掛けます。

それでは、最終回の内容をご紹介します。

評決が出たとの連絡を受け、法廷へと向かうアリシアたち。そこに、ダイアンから電話が入る。
「連邦検事フォックスとの司法取引の内容を念押しした方がいい。評決が早い時は検察寄りの判決だから。」

フォックスとは懲役2年で取引するという話ができていた。しかし、評決の早さを受けて条件を変えてくるかもしれないというダイアンの読みが当る。

懲役2年を受け入れると合意したはずよ

フォックスに詰め寄るアリシアだったが、フォックスは聞く耳を持たない。

「評議は1時間で終わった。有罪だってわかってるだろ。4年にする。」

有罪なら10年刑務所暮らしになる。しかしアリシアは強気な顔をフォックスに向けた。

感情をついて揺さぶろうとしても無駄。私がか弱い女に見える?
「3年」
「2年なら今日負けを認める。それが条件」

しぶしぶうなずくフォックス。

狡猾な検事のフォックスを演じるのはシュースター先生でおなじみのマシュー・モリソン。シュー先生とは似ても似つかない冷徹な演技です。

2年の投獄を受け入れるという決断に、アリシアとピーターの娘・グレースは納得がいかない。
「卒業式には出席するよ。一番前で見ている」と優しく諭すピーターに、「大学にはいかない」と言うグレースだった。

グレースの進学はアリシアにとって重大な関心事。ピーターが投獄されれば、アリシアが大学に行かないという。母として見過ごすことができない・・・しかし、今取引しなければもっと長い投獄となってしまうのだ。そうなれば、グレースはどうなるのだろう。

裁判が再開される。司法取引の内容を裁判官が確認しようとしたその時、メモが差し入れられた。

「陪審員から質問があるそうです」

陪審員は発砲事件の時の通報の録音を聞くことを求めた。録音を聞いた陪審員は、音声の中の不明の音の正体が気になるようだった。
傍聴していたジェイソンが正体不明の音が携帯の着信音であることに気づく。事件の現場にもう1人誰かいたのだ。
そこでアリシアたちは、陪審員の目を収賄より殺人事件に向ける作戦に出る。

裁判は中断され、アリシアたちは過去の判例を探すためオフィスに戻った。

現状の評決では不利と踏んだアリシアたちは新しい重大な証拠によって状況を覆すことを狙います。うまくいけば、2年どころか執行猶予になる可能性に賭けたのです。

ジェイソンにお礼を言って。今」
調査を続けるために部屋を去る前に、ルッカがアリシアに言った。

「ジェイソンは、ピーターが有罪になったらあなたが離婚しないと思ってる。なぜなら、あなたは弱っている男を見捨てられないから。」

心を見透かされたように、アリシアはハッとする。ジェイソンはきっと自由を手放さない。アリシアはジェイソンを選ぶことをまだ不安に思っているのだ。アリシアの背中を押すようにルッカは言う。

「よく考えて。毎晩家に帰ってドアを開けた時に誰の顔が見たいか」

家で一人調べものを続けながら、アリシアは夢想する。
家のドアを開ける。振り向きワインを手渡しキスをするジェイソン
家のドアを開ける。振り向きワインを手渡しキスをするピーター
家のドアを開ける。振り向くウィル。

思いがけずウィルが登場したことにハッとするアリシアだった。もういないのに・・・「バカみたい」アリシアはうつむく。

アリシアが本当に好きだったのはウィルだったのでしょうか。

最後になってみると、ウィルは理想の男性、理想の生活の象徴だったように思えます。対してピーターは過去と責任の象徴、ジェイソンは未来と自由の象徴のように見えます。
アリシアはその間で揺れ動き、ありえない理想をほしがっている・・・でも今は理想ではなく現実を選ぶ時期、というメッセージに見えるワンシーンでした。

事務所で過去資料を探すアリシア。
ウィルのメモを見つけるが、字が汚くて読めない。

なんて書いたの?

思わず声に出すと、どこからかウィルの声が聞こえてくる。

「合衆国対ヌニエス」

アリシアはまた、心の中でウィルと対話していた。

「最終弁論の後に評議に入った。この判例によれば、重要な証拠を提出しなかった相当の説明ができれば審理は再開される。僕は授業にちゃんと出ていたからね。君はいつも二日酔いだった」
「そんなことないわ」
「じゃあ、教授の名前覚えてる?僕は覚えているよ」

軽口をたたくウィルに、アリシアはふとこぼす。
「また会えてよかった。今の事務所は悲しい」そして聞く。

私はどう生きるべき?

「それは僕の得意分野じゃない」
「もしあなたの元に行ってたら・・・?」
「実現しないからこそ、ロマンチックだったんだ」

一方その頃、ピーターは支援者と会っていた。

「まだ終わりじゃない。まだ道がある」

力説するピーターだったが、支援者から帰ってきた言葉に言葉を失う。

「わかっているよ。アリシアだろ。イーライに今後はアリシアに投資するように言われた。アリシアは君と離婚して知事選に出馬するそうじゃないか。」

イーライは長らくピーターを支え続けたブレイン。ピーターにとって、イーライが彼よりアリシアを重視したのは大きな裏切りと感じられたのも無理もありません。

ジェイソンに促され、ケイリーの協力を得に行く2人。アリシアのライバルでもあったケイリーは講師をしており、生き生きしていた。ケイリーの姿を遠くから見守りながら、アリシアはジェイソンに聞く。

あなたと話し合えと、ルッカに言われたの

頷くジェイソン。
「お互いの望みを満たせる道を探したけれど、見つからないんだ。君はピーターに必要とされている。君は必要とされることが必要なんだ。」

アリシアは逡巡しつつも、ジェイソンの耳にささやいた。
「待っていて」

銃撃の際、被害者といたのが誰か知りたい。力を貸してほしい

アリシアとジェイソンの頼みに難色を示すケイリーだったが、「真実が知りたい」というアリシアに心を動かされる。彼は検事マタンの元を訪ねる。

一方法廷では、ダイアンが殺人事件の目撃者が見つかるまでの時間稼ぎをしていた。
その傍聴席にグレースの姿を見つけるアリシア。グレースを引っ張り出し大学に行けと伝える。しかしグレースは頑なだった。

「入学を1年遅らせたの。パパが大変な時にそばにいないと。ママと同じことをするだけよ」

自分と同じように男性のために自分を犠牲にしようとしている娘の姿を見て、アリシアはどう思ったのでしょうか。

ケイリーは検事マタンを訪れていた。

「当時の検察は証拠を見落としていたのでは?弾はまだ保管室にあるのでは?」

マタンとケイリーは物証となる銃弾探しを始める。

再びフォックスとの交渉に応じるアリシア。強気を取り戻したアリシアは、懲役1年という条件を蹴った。何としても執行猶予を勝ち取るつもりでいる。

その頃ピーターはイーライに詰め寄っていた。

「支援者に私を見捨てるように言っただろう。見くびるなよ。私はまだ州知事だ。」
「政治資産を移すのです。敵に金が流れないよう、あなたの代わりの人物が必要なのです。」
「しかし、私が汚れているというのなら、アリシアだって同じじゃないか。」
「いいえ、あなたと離婚すれば、独立した女性の象徴となります。」

呆然とするピーター。その時電話が鳴った。アリシアからだ。

銃弾が見つかった。
「被告人に、弾を隠す理由がなかったという裏付けになります」
ダイアンが渋る裁判長を説得し、新たな証拠が提出できることになった。
しかし、鑑定人でありダイアンの夫でもあるカートからの電話で事態は一変する。

「銃弾はロックの銃から撃たれたものだった。これでは、ピーターには銃弾を隠す理由があったということになってしまう。かえって不利だ。」
どこかでピーターを信じていたアリシアは愕然とする。ピーターは本当に証拠を隠滅したのだろうか・・・。
すでに裁判長に新たな証拠を提出すると言ってしまった手前、ダイアンは自然な形で申し立てを取り下げなくてはならなくなった。

アリシアが帰るとピーターが待っていた。

「僕はやっていない」と訴えるピーター。

関係ないわ。あとは陪審員が決めることよ

アリシアはピーターを突き放した。

ピーターは本当に支援者のために証拠を隠ぺいしたのでしょうか。ハッキリしないまま終わります。
でもアリシアの気持ちは完全にピーターから離れてしまいました。もうピーターを守る理由は2つだけ。依頼人だから。そして娘グレースのため。

さて、アリシアにとって(色々ありつつも)パートナーであり先輩的な人物でもあるダイアン。彼女は夫であるカートを守ると誓ったばかりでした。しかし、次に検事側の証人として呼び出されたのはカートだったのでした。

カートは過去の証言を翻し、銃弾がロックの銃から出たものだと証言する。

アリシアは証言が翻った点を突きたいと考えるが、ダイアンはカートを貶めるような質問をすることに断固反対する。
しかしアリシアは、ダイアンがいなくなった隙にルッカに反対尋問を頼んでしまった。

再び法廷ではルッカが反対尋問に立った。
「弾道について、意見を変えましたね。以前はロックの銃からではないと言っていましたよね。」

ダイアンはアリシアをにらんだ。ルッカが反対尋問をしているのは、アリシアの頼みに違いない。

「なぜ同僚のウエストホールさんの証言と同じ意見に合わせて証言を買えたのでしょうか?
彼女に事業を売ったのでしょうか?
彼女と男女の関係はありましたか?
男女の関係があるから、証言を彼女と同じ内容に変えたのではないでしょうか?」

たまりかねたダイアンが部屋を出た。
新しい弾道解析の結果は陪審員に伝えられることはなかった。

「執行猶予1年、そして辞任すること。」

再びフォックスとアリシアは取引していた。すでにアリシアが有利な空気が漂っている。

「検討するわ」と言うアリシアにフォックスが言う。

「ピーターは応じるはずだ。なぜなら彼はやったから。」

ピーターは取引に応じることに決めた。腹を決め、引退会見を開くことにしたピーターは、アリシアに最後の頼みをする。

「明日の会見では、隣にいてくれ」

相変わらずしょうもないですね、ピーター!
ピーター演じるクリス・ノースは、SATCのビッグでもありますが、なんだか役がかぶりますw

またしても心の中でウィルと対話するアリシア。

「ジェイソンを選べ。ピーターとは終わった。」

もしジェイソンを選んで、不幸になったら?
「僕のせいにすればいい。こんなに広い家で1人でいたい?いけ。まだ遅くない。」

ウィルを抱きしめるアリシア。

あなたのこと、永遠に愛している。
「僕はそれで充分だよ。」

ピーターが投獄されないということはグレースが大学に行くということ。すなわちピーターと離婚したらアリシアは本当に1人になっちゃうということですね。

事務所でジェイソンを探すアリシアだったが、ルッカも行き先を知らない。ジェイソンは電話にも出なかった。
仕方なくアリシアはボイスメッセージに「終わった。ピーターは取引に応じ、娘は大学に行く。私はあなたに合いたい。電話して」と伝えた。

会見の場。ピーターとアリシアは手を取り合って壇上に登る。
ピーターは最後にアリシアへの感謝の言葉をもって会見を締めくくった。
その時、アリシアはジェイソンの影を見る。再び振り返ると影は消えていた。

再び手を握ろうと手を伸ばすピーターだったが、アリシアはもうジェイソンの後を追っていた。
ジェイソンが去った方向に駆け出すアリシアだったが、すでにジェイソンの姿はなかった。いや、あれはジェイソンだったのか・・・。
振り返るとダイアンがいた。彼女はアリシアに平手打ちをすると去っていった。

涙をこらえて衣服を正し、アリシアはまた歩いて行った。

ここで物語は修了。
法廷劇は最後のどんでん返しがちょっと呆気なかったかな?と思うところはあったものの、素晴らしい演技と脚本でした。

ジェイソンとダイアンが立ち去り、その反対方向、ピーターのいる方向に向かって涙をこらえながら歩くアリシア。
アリシアにとっても視聴者にとっても未来は闇の中のまま、ストーリーは終わったのです。

まとめ

『オーファンブラック』のように、『グッドワイフ』は韓国版リメイクもされています。

リメイクと言えば大幅な改変。前期の『スーツ』のリメイクは、どうしても元の『スーツ』の世界観が日本の法廷の現実とマッチせず、振るわぬ評判でしたが、『グッドワイフ』はどうなるのでしょうか。政治や法律事務所の仕組みも違いますし、何といっても、強い女性像や耐える女性像が日米ではまったく異なります。日本版ヒロインの常盤貴子がどんな恋愛をしてどんな決断をするのか・・・小泉孝太郎も撃たれちゃうのか・・・そして日本版アリシアには違うエンディングがあるのか・・・楽しみです。

ところで、エンディングを知ってしまったのでもうアメリカ版『グッドワイフ』を見なくてもいいかな…と思ったアナタ。ドラマ好きには『グッドワイフ』を是非お勧めしたい理由が!それは出ている俳優の顔ぶれ。

アリシアの夫ピーターは、SATCのビッグでおなじみのクリス・ノース。恋人ジェイソンを演じているのは、ウォーキングデッドのニーガンを演じたジェフリー・ディーン・モーガンが出ています。
クリス・ノースのピーターはビッグそのもの。まるでビッグが実業家じゃなくて政治家として生きる道を選んだパラレルワールドを見ている気分になります。
凶悪なニーガンとは似ても似つかないロマンチックな恋人ジェイソンですが、よく似たレザージャケットを羽織っていてファッションはそっくり。もしかしたらこののち世界が崩壊して、アリシアは実はルシールで、この後ジェイソンは名前を変えてバットを振り回すんじゃないか・・・なんてつい想像てしまいます。

最後にピーターを追い詰める検事のフォックスを演じるのは、『グリー』のシュー先生ことマシュー・モリソンですが、シュー先生とは似ても似つかない冷徹検事っぷりに、見ててもシュー先生と同じ俳優とは思えません(ひげもはやしてるし)。
さらにはマイケル・J・フォックスの出演もあり、ドラマ好きはまた違った視点から楽しめるドラマでもあるのです。

アメリカ版『グッドワイフ』を無料で視聴する方法

現在アメリカ版『グッドワイフ』はAmazonプライムビデオU-NEXTで字幕版・吹き替え版ともに見放題配信されています。

Amazonプライムビデオ・U-NEXTともに、加入後1ヶ月間の無料お試し期間を設けています。また、無料期間だけ利用して退会するペナルティも設けていません。
アメリカ版『グッドワイフ』は156話もありますが、AmazonプライムビデオとU-NEXTの無料期間を合わせると2ヶ月あるので、かなり見ることが可能です。

U-NEXTはこちらから加入することができます。クロームキャストやプレイステーション4、インターネット対応テレビなどがあればテレビ画面で視聴することができます。

AmazonプライムビデオとU-NEXT両方に対応しているのはAmazon Fire TVとプレイステーション4です。これらを持っているならば、2つ併せて利用するのがお得です!

『グッドワイフ』を安く視聴する方法についてもっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です