【ネタバレレビュー】『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン1第4話 「メッセージ」

Huluのオリジナルドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』第4話のネタバレレビューです。

第1話のあらすじ
第2話のあらすじ
第3話のあらすじ

あらすじ(ネタバレを含みます)

病院での出来事

部屋に閉じ込められたジューン。何もすることもなくクローゼットの中でうずくまっていると、クローゼットの隅にラテン語らしき文が刻まれているのを見る。「ノリテ テ バスターデス カーボランドラム」。
侍女は文字を書くことが禁止されているが、前にこの家にいた侍女の精いっぱいの反抗だったのか。ジューンは意味も分からないこの言葉に励まされる。

ジューンがクローゼットに横たわっているとメイド(リタ)が食事を運んでくる。メイドはジューンが気絶したと勘違いし、ジューンは病院に行くことになる。

病院で診察を受けていると、2人きりになった医者は司令官の代わりに種付けを申し出る。ほとんどの上官たちはすでに妊娠能力がない、と彼は言う。妊娠能力がない男性はいない前提なので、これは禁止された発言。医師は本気で侍女たちを憐れんでいるようだった。
妊娠ができなければ放射能まみれのコロニーに送られてしまう。しかしジューンは「危険すぎる」と医師の申し出を断る。

モイラの脱走

またジューンは過去を思い出している。
侍女を教育する機関で、異常な「種付け」の儀式の練習をさせられた時の衝撃を。
その後、モイラは脱走を企てる。モイラとジューンは「おば」の1人をとらえて衣服を奪い、「おば」に扮したモイラはジューンを伴って施設の外に出た。

しかし、施設の外で2人はすぐに道に迷う。道路標識などが一切取り除かれていたからだ。2人は地下鉄に乗ろうとするが、その最中にジューンは警備員に止められてしまう。ちょうど離れていたモイラは地下鉄に乗って逃れることができた。ジューンはモイラだけでも逃げられたことをうれしく思いながらも、連れ戻され拷問を受ける。

解放

再び儀式の夜が来た。しかし、司令官はうまくすることができない。
その夜、再びジューンはスクラブルのため司令官の書斎に呼ばれた。

ジューンは司令官にラテン語の「ノリテ テ バスターデス カーボランドラム」の意味を聞いてみた。
司令官は、それは本物のラテン語ではなくだじゃれで、「クソどもに押しつぶされるな」という意味だと教える。
ジューンは続けて前の侍女について尋ねる。彼女は首を吊ったのだそうだ。

ジューンは自分の外に出られない境遇について司令官に「耐え難い」と訴えた。
翌日、ジューンは元通り買い物にいくことを許される。ジューンは前の侍女が残したメッセージを心に刻む。

第5話のあらすじへ

感想

今回、原作にはまったくない場面が挿入されていました。モイラの脱走劇です。
いや、モイラの脱走自体は原作に合ったんですが、まったく変えられてたんですよ。要するに、主人公のジューンが関わっていたんです。

原作では、ジューンは何もしてません。
ドラマでは、よりハラハラ感を出すためにジューンを一緒に行かせたんでしょうが、無理が生じている感が否めません。

そもそも、反抗的な態度をとっただけでジャニーンは目玉を繰りぬかれたのに、脱走しかけたジューンが足のむち打ちだけで済まされるのは納得がいかない。

そして、ジューンの性格にも問題が生じる気がするんです。
原作では、ジューンの「何もしない」「普通の女性らしい」性格が際立っていました。
モイラは特別な存在で、勇気があって行動力もありますが、ジューンはモイラに照らされて元気をもらうだけで、反抗心がほとんどありませんでした。
ドラマの方でも、危険だからと医者の申し出を断っちゃったりしてますよね。

ドラマの『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』はシーズン2が予定されていて、いずれジューンも反乱軍などに加わって主要な働きをしていくのでしょうから、ずっと受け身の女性でい続けるわけにはいかないと思うのですが、
その性格は物語を通して育っていく…という形にしてほしかったな。
今のままでは、受け身だったり勇敢だったり、ちょっとちぐはぐ感があります。

まとめ

医者のところを訪ねたことにより、世界観にちょっと深みが出た回でした。
ディストピアもののおもしろさは、少しずつ世界の全容が明らかになっていくところにもありますよね!

少し前の回で、ジャニーンが「モイラは死んだ」と言っていましたが、何が起きたのでしょう。続きが気になります。

『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』はHuluで見ることができます。
Huluは月額933円(税抜)で動画が見放題になる動画配信サービスです。

『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』はHuluのオリジナルドラマのためHuluでしか見ることができませんが、
Huluは初回加入後必ず2週間の無料お試し期間があります。

『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』は現在日本では全10話まででているので、10話であれば2週間の無料お試し期間中に見てしまえるかと思います。Huluはお試し期間中に解約することに対するペナルティなど設けていません。
2週間以内に全話見て解約してしまえば、全話無料で見られます。Huluはドラマの入れ替えが激しいので、気になるドラマがあるときは早めのご登録がおすすめです。

第1話のあらすじ
第2話のあらすじ
第3話のあらすじ
第5話のあらすじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です