イギリス版『ミストレス~愛人たちの秘密~』あらすじと結末ネタバレ

4月19日(金)夜10:00より、NHKででBBCドラマのリメイク『ミストレス~女たちの秘密~』が始まります。それぞれ異なる理由から「愛人」となった4人の仲良し女性たちを演じるのは長谷川京子、水野美紀、玄理、大政絢の豪華女優陣。

イギリスBBCの『ミストレス~愛人たちの秘密~』はロシアやアメリカ、韓国などでもリメイクされた大ヒットドラマ。昼ドラのようなきわどい内容をNHKがどうリメイクするのか楽しみです。

そこで、オリジナル『ミストレス』のあらすじと結末をご紹介します。リメイク版とオリジナル版、どこが同じでどこが違うのか、ぜひ見比べてみてください!

BBC版『ミストレス』のあらすじ

偶然出会って仲良しになった、4人の仲良し女性。それぞれ問題を抱えていた。
医者のケイティは患者ジョンと長年の不倫関係にあった。末期がんに侵されていた彼を、最期は本妻も合意の元安楽死させたのだったが、ジョンの息子サムが父の不倫に気づてしまい、疑いの目をケイティに向ける。愛人であったことがバレたら、同時に安楽死の件まで知られてしまいかねない。ケイティはサムを避けようとするが、彼は執拗にケイティにつきまとう。
トゥルーディは6年前に夫を911テロで失い、2人の娘を1人で育てていた。テロ遺族への保険金が支払われた当日、娘の学校に引っ越してきたシングルファザーに食事に誘われる。久しぶりの恋の予感に期待を膨らませつつも、夫のことが吹っ切れず葛藤する。
弁護士のシボーンは不妊に悩んでいた。仲のいい夫との関係も、子作りが優先になり味気なく、欲求不満に。そんな時、同僚が彼女にちょっかいをかけてきて、思わず不倫関係になってしまう。
奔放なジェシカが珍しく本気になった相手は女性、しかも既婚だった。

最初はただの火遊びに始まった恋も、どんどん事態深刻化していき目が離せなくなるこのドラマ。
元愛人の息子サムに追求されるケイティは、いつの間にか真実を隠したままサムと恋におちてしまうことに。シボーンは夫以外の男性の子供を出産することに。トゥルーディに至ってはなんと元夫がまだ生きていて、愛人と二重生活をしていたことが発覚するなど、目まぐるしい展開が待っています。

せっかくなので、もう少し詳しく4人の物語をご紹介します!

ケイティの物語

シーズン1
医者のケイティは、がん患者のジョン・グレイと2年の間不倫関係にあった。ジョンの望みにより、最期はモルフィネの大量投与を行ったのだが、葬儀でジョンの息子サムに「父が不倫していた。相手を知らないか」と声をかけられてしまう。サムは父の相手がケイティだったと疑っていた。
ケイティが父との関係を否定すると、サムは「昔から好きだった」と告白してきた。真実を隠したままケイティは、ジョンの面影のある、まだ大学生のサムと恋仲になってしまう。
しかし、とうとう罪悪感に耐え切れずジョンとの関係をサムに告白してしまう。サムは荒れ、母親にケイティと父の仲を話してしまった。サムの母は安楽死については了承していたのだったが、不倫されたショックでケイティに対して復讐心が芽生えた。そしてケイティが不倫と安楽死を行ったとして医師会に訴えを起こす。
医師会での真偽にて、サムはやはりケイティへの愛を再確認し、ケイティを擁護した。しかし、ケイティは自ら不倫を認め、1年間の謹慎処分となる。

シーズン2
新しい病院で研修医としてやり直すことになったケイティ。その病院では学生時代の友人、ジャックとメーガン夫婦がいた。ジャックとは学生時代に恋人だったこともあったが、それももう昔の話。2人の紹介でダンと恋人同士になったケイティは幸せに浸っていた。
しかし、ジャックから執拗に迫られ関係を持ってしまう。オーストラリアに転勤するダンについて行くつもりだったケイティだったが、ジャックとの関係が医局中に知れ渡り、友人と恋人を同時に失う。

トゥルーディの物語

シーズン1
夫ポールを911で失い、6年経ってもトゥルーディは夫を忘れられないでいた。911後に何度かかかってき無言電話…それは夫だったのではないかと言う思いがぬぐい切れないでいた。
しかし遺族への補償金もおり、娘が通う学校に新たに入った子どものシングルファザー、リチャードと出会い、新しい恋に前向きになり始めていた。
しかし、突然亡き夫ポールの愛人だったという女が息子を連れて現れた。彼女の要求は、ポールの息子に補償金の一部を渡すこと。夫の裏切りに絶望するトゥルーディだったが、子どもには罪がなく、夫の子どもである以上は補償金を受け取る権利があると考え、金を渡すことを決めて女の元を訪れた。
しかし、そこで彼女が目にしたのは死んだはずのポールの姿。ポールはなんと、911をきっかけに姿をくらまし愛人と暮らしていたのだった。
リチャードに説得され、補償金を返還してトゥルーディはポールを警察に突き出した。

シーズン2
トゥルーディはリチャードと暮らし始めたが、補償金を変換したため生活は困窮していた。
その頃、リチャードの謎の出費に疑問を抱くトゥルーディ。しかもここまで来て結婚を渋ることにも不信感を抱いた。
リチャードは、妻が家出し行方をくらましていると言っていたが、トゥルーディはリチャードの妻が認知症で入院していたことを知ってしまう。
リチャードのウソに一度は別れを考えるが、自分も娘も忘れてしまった妻との関係に悩み続けたリチャードの心情を考え、リチャードとやり直すことにする。

シボーンの物語

シーズン1
夫ハリーと不妊治療中のシボーン。夫は好きだが、夫婦生活が不妊治療活動となってしまい、欲求不満を感じていた。そんな中、同僚のドミニクにちょっかいをかけられ、つい不倫関係となってしまう。
本格的に不妊治療を始めると、不妊の原因は夫にあることがわかった。しかし、シボーンは妊娠する。おそらくドミニクの子だが、夫ハリーは奇跡が起きたと喜ぶ。
ハリーと別れたくないシボーンはドミニクが転勤になるよう働きかけ、関係を清算する。
しかし事実が明るみになってしまう。夫は堕胎を求めるが、シボーンはそれもできない。ハリーもシボーンと別れることができない。2人が出した決断は、そのままドミニクの子供を産み2人で育てることだった。

シーズン2
ドミニクとの娘エルサを産み、一見幸せに暮らしていたシボーンだったが、夫との夜の生活は絶えていた。罪悪感と欲求不満から、シボーンは一夜限りの関係を繰り返す。
ある日、クライアントから名指しされて行ってみると、それは一度一夜の関係を持った男だった。その男はシボーヌを手に入れるためハリーにシボーンの不貞をバラす。とうとうハリーはシボーンとエルサの元を去ってしまう。

ジェシカの物語

シーズン1
イベント会社に勤めるジェシカは本気の交際はしない奔放な性格。ある日ジェシカがプロデュースすることになった結婚式の主役は、女性同士のカップルだった。新婦のアレックスは何でもズケズケと言う性格だったが、気づくと彼女に惹かれているジェシカ。とうとうアレックスと関係を持ってしまう。
それまで遊びばかりだったジェシカだったが、アレックスに対してどんどん本気になっていってしまう。泥沼になる前に、ジェシカは潔く身を引いたのだった。

シーズン2
大富豪マークと結婚したジェシカ。遊びの影が消えない彼にやきもきしながらも仕事に打ち込みそれなりに楽しく暮らしている。
しかし、どうしても女の影が消えない夫ととうとう別れを決断する。それと同時にマークが破産。しかもジェシカの妊娠がわかる。
妊娠を知ったマークは意外にも喜び、誠実な夫となることを約束した。

ファイナルシーズンのストーリー

トゥルーディが家計を助けるために始めたケーキショップは一大ビジネスとなっていた。トゥルーディは忙しい日々を送り、子育てに追われるリチャードは不満を抱えていた。リチャードとすれ違うトゥルーディ、一夜だけ過ちを犯してしまう。

ケイティの母親ビビアンが家を売ることになり、会計士でもあるリチャードはビビアンの手伝いをするためケイティと顔を合わせることが多くなった。結婚生活の不満をケイティに相談するうちに、ケイティへの気持ちが芽生えるリチャード。ケイティはハッキリと断るが、1回だけキスをしてしまう。

ジェシカは妊娠した子どもを流産してしまっていた。どうしても子どもが欲しくなった彼女は不妊治療を希望しているが、マークはプライドが高く仕事が続かない。それを見たシボーンはこっそりマークに不妊治療用の費用を貸す。しかしその金をマークは投資に使い失敗してしまう。そのことを知ったジェシカのプライドは傷つきシボーンと疎遠になる。またマークとも破局する。

シボーンの元には、ドミニクが時々エルサと会うために通っていた。ある日、ドミニクが結婚したい相手がいると打ち明ける。複雑な思いを抱えながらも、ドミニクの結婚を応援するシボーンだったが、実はドミニクはまだシボーンへの気持ちがあったのだ。ドミニクは思いを断ち切るためアリスとニューヨークに行くことを決断する。

終わり方は?最終回を完全再現!

酔ったトゥルーディが不倫を告白。リチャードは激怒し、「好きでたまらず悩みぬいたならまだしも」と言う。その言葉にハッとするトゥルーディ。「それは自分のことでしょう?誰が好きなの?」

電車に乗ろうとするケイティの元に電話。「相談したいことがある」リチャードからだ。

「電車が来るまで待つ」と言うケイティ。しかし、電車が来てもリチャードは来ない。思わず電車を見送るケイティ。何本待ったころだろうか、ケイティの電話に着信がある・・・

そして映し出される、大破した車と、血をかぶったトゥルーディと娘たちの写真。

ここれが最終話直前までのストーリー。最終話はこのような話になります。

娘たちを励ましつつ葬儀場に入るトゥルーディ、そして彼女を迎える親友3人。

葬儀の最中もリチャードがほかの誰かを愛していたということが頭から離れないトゥルーディ。リチャードの持ち物を懐かしそうに整理しながら、ふと彼の携帯を手に取る…そして携帯に留守電が入っていることに気づく。メッセージを再生する。録音されていたのはケイティの声だった。トゥルーディの顔色が変わる。

会場に戻りケイティを見つけると、庭に連れ出した。

「正直に答えてほしい。リチャードの留守電を聞いたの。」

ケイティは動揺してしどろもどろ。何もしていないと説明しようとするが、興奮したトゥルーディーはケイティを責める。
「キスすらしていないと言えるの?」

ケイティが震える手でタバコを取り出そうとすると、トゥルーディーはタバコを叩き落とした。

シボーンとジェシカがふと窓から外を見ると、怒鳴るトゥルーディーと芝生に這いつくばり、震える手でタバコを拾おうとするケイティの姿があった。慌てて庭に飛び出すシボーンとジェシカ。2人を止め、「彼女は何もしていない」とケイティを擁護する。

しかし、それが逆効果だった。自分以外の全員が夫の気持ちに気づいていた…トゥルーディーは全員に絶縁宣言をした。

そして5ヶ月が過ぎた。

これはケイティに同情せざるを得ませんが、過去2回も不倫で失敗したケイティですから、トゥルーディも信用できなかったのでしょう。ケイティの動揺した演技は迫真でした。

リチャードの墓の手入れをするトゥルーディーの携帯に着信が。「今夜うちに来てほしい」
ケイティだった。

険しい表情のトゥルーディーを無言で迎え入れるケイティ。暗い部屋の中ではシボーンとジェシカが待っていた。

「ジェシカ、みんなに話して」とケイティが促す。「あなたには私たちが必要よ」

しかしジェシカは言い返す。
「私たち半年近く音信不通だったのよ。そんなの、友達と言える?みんなに電話しようとしたのに、電話に出なかったわ」

ジェシカは癌だった。まだ生検待ちで深刻さはわからない。

マークとも別れ、頼れるのは友人だけだったのに、そんな時に限って全員疎遠だったのです。孤独だったジェシカは心を閉ざしていましたが、3人はこれからはジェシカに寄り添うことを誓います。

ジェシカを支えることを誓う3人。そこで、シボーンは全員を自分の誕生日パーティーに誘った。

トゥルーディに車で送ってもらいながら、まだ妊娠を希望していること、マークとは別れて病気について伝えていないことなど、ジェシカは現状を語った。

残って部屋を片付けていたシボーンとケイティも現状を共有し合う。シボーンは交際しているカメラマンと順調だ。

「ドミニクは?」
「アメリカにいて時々会いに来るけれどそれだけ」

ジェシカあ病気と知ってマークはショックを受けた。「力になりたい」と言う彼をそっと「仕事に行って」と突き放すジェシカ。

マーク、出てきたころはかなりアホキャラっぽかったんですが、なんだか変わりましたね…。それでいえばジェシカも、アバンギャルドからどんどん清純キャラに変わった気が。

シボーンの誕生日。トゥルーディはケーキを持って現れる。しかしケイティとトゥルーディの間にはまだ微妙な空気が。ジェフといちゃつくシボーンを見てケイティが冗談を言っても、トゥルーディは無視する。

耐えかねたケイティはトゥルーディを呼び止める。
「無視しないで。怒鳴ってもいいけれど無視はやめて。あなたが恋しい」

「ジェシカのためにあなたと会っているけれど、もう友達ではいられない」
トゥルーディは頑なだ。

パーティが終わると、ケイティは家に戻り、一人涙した。

ジェシカは家に戻り、ため息をついた。ふと、誰かがいる気配。マークだ。「何をしに来たの?」
「君の世話をしに来た。1人じゃ心細いだろうから手術までここにいる。ソファで寝る」

しかしジェシカは冷たく突き放す。
「もう怒ってるわけじゃないけれど、私たちは終わったのよ」

「必要だったら近くにいるから」
そう言い残して寂しそうにマークは去った。

トゥルーディはリチャードの娘、エイミーと話し合っている。反抗ばかりするエイミー。「あなたには私の気持ちはわからない」と言われてしまう。

3年ほど一緒に暮らしているのでしょうが、遺された連れ子との関係は難しいでしょうね。このあたり物語で深堀りできたらおもしろかったのにな、と残念です。

絶食の前に元上司サイモンとワインを飲むジェシカ。

「あなたがいなかったら耐えられなかった」
礼を言うジェシカ。サイモンは照れたように「次はどの映画を見る?」と誘った。

ここにきてサイモン!?と、言っても、サイモンはよき友人として寄り添っているようです。

ケイティは沈んでいた。「もうボロボロよ。自分の人生をめちゃくちゃにしちゃった。どうしたらいいの?」
母に話しながら号泣している。

「修復できるわ」
「できない。もう自分が嫌になってしまった」

検査の前にジェシカの病室に集まった3人。
ケイティの丁寧な説明と励ましに勇気を得るジェシカ。

「ついにわかるのね、どれくらい重症か。知りたくないかも。」

最初は検査を前に緊張していたが、4人で楽しく会話しているうちに時間はあっという間に過ぎた。とうとう検査に向かうジェシカだった。

シボーンが家に帰るとドミニクと娘がソファで寝て待っていた。ドミニクは明日にはニューヨークに帰るという。
「また数か月後に会おう」「会えてよかった」何か言いたげな2人だが、ドミニクは去っていく。

数カ月に1回、ドミニクは戻ってきて娘のところに顔を出しているのです。

シボーンはジェフに会っていた。

「ねえ、考えていたんだけど」
「もしかして…」
「そう」
「どうして?ドミニク?」
「彼とは関係ない、もっと複雑なの。混乱していて。今は1人でいたい」

シボーンはジェフとの関係を清算しました。自分の中にドミニクへの気持ちがあることが、もう無視できなくなってしまったようです。もっと早く気づいていればよかったんですが…。

ところで、ドミニクってけっこう年下っていう設定ですよね…。いくつくらい違うのかしら。

娘たちを学校に迎えに来たトゥルーディ。しかしエイミーがいない。「早退したよ」と娘たち。しかし家にもいないのだ。

その頃、家に帰ったケイティは、エイミーが家の前で待っていることにおどろく。エイミーは何も言わずケイティに抱き着いた。

自分に話すよう優しく促すケイティ。

「ママ、いえ、トゥルーディにどうしても腹が立ってしまうの。隠し事しているから。パパのこと。
パパが死ぬ前、パパに怒鳴っていたの、聞いてしまったの。」

「パパとママは愛し合っていたのよ。だからこそ怒鳴り合いになることもあるの。」
力強い口調で諭すケイティだった。
「あなたが無事な事、電話して知らせるわ」

娘までケイティに頼るなんて、より複雑な気持ちになるかもしれませんが…これでケイティとトゥルーディの仲が少し縮まりそうです。

ドミニクが携帯を忘れていた。アリスに電話するシボーヌ。そこで驚きのことを聞く。トゥルーディーが迎えに来てエイミーを叱る。

思わず割って入るケイティ。
「見なさい、泣いてるじゃない!」

「愛があるから怒鳴るのよ。見てごらんなさい。トゥルーディーはあなたを愛しているし、あなたもそうでしょう?」
ケイティにそう言われ、トゥルーディとエイミーはお互いに謝り抱き合った。

帰ろうと促されると、
「ケイティも一緒にうちに来て」とエイミーが言った。

トゥルーディの家。
「教えて。彼は私を捨てようとしていたの?」

「そんなことありえない。私も彼もそんなことを望んでいなかった」ケイティが否定する。「彼が電話したのは、あなたとクリスの件よ。彼が生きていても何もありえなかった。私はたくさん過ちを犯したけれど、あの日ホームで待ちながら、行動と結果しかないことに気づいた。私はもうそんな人間でありたくなかった」

クリスは、トゥルーディの1回の過ちの相手。リチャードはトゥルーディが一番だからこそ、ケイティに相談しようとしていたのでしょうか。

「私は彼を裏切った。他の人と寝て、修復できる前に彼はいなくなってしまった。彼とあなたにだけではなくて自分にも腹をたてていて苦しい」
泣き崩れるトゥルーディ。

ケイティも泣いた。
「一生続くはずだった結婚生活の中でのたった1回の過ちよ。彼はあなたを誰より愛していた。私はあなたと彼の関係を見ているのが好きだった。あなたたちの結婚は最高だった。」

2人は手を握り合った。

ジェシカを病院に送るために訪れたシボーン。
「ドミニクが携帯を忘れて。で、アリスはドミニクと別れたみたいなの」
「何してるの!?じゃあ早くドミニクを空港に追いかけなさい。どれだけ鈍感なの?私なら大丈夫、サイモンに送ってもらう」

すっとぼけてるんでしょうか、鈍感なんでしょうか。というか、アリスと別れたのにドミニクはなんでニューヨークに帰るんでしょうか。とにかく、シボーンはよくあるシーン『空港で彼を追っかける』をやります。

無事シボーンはドミニクを見つけ、携帯を届けた。「うっかりしてた」
「さようなら」
「それじゃあ」
「待って、話があるの。5ヶ月前にリチャードの葬式で、捨てたものを思い出したの」

「何?」
「あなたよ。本当のことを知ってほしい。エルサが産まれた時に気付いたの。愛は選ぶものじゃなくて、愛があなたを選ぶ。愛と向き合うのが怖かった。その時もこれからも、あなたを愛している」

2人はキスした。

エルサが産まれた時に気付いたのか…。ちょっとハリーがかわいそうです。

検査結果を聞くジェシカを待つ3人。出てきた彼女の表情は晴れやかだった。

「転移してなかった。完治すると言われた。」

抱き合う4人だった。

正直言って、打ち切り感の強いエンディングでした(^^;
他のシーズンは6話なのに、シーズン3だけ4話ですし。

まあ、これ以上不倫で失敗を繰り返すわけにもいかないですしね…。

BBC版『ミストレス』を見るには

BBC版『ミストレス』は、ただいま動画配信サービスのHuluにて配信中です。

Huluは加入すると入っているドラマ・映画・ドキュメンタリーなどのコンテンツが見放題になるサービス。
ネット環境があればパソコン、インターネットテレビ、スマホなどで視聴できます。
クロームキャストやWiiUなどがあれば、インターネットテレビでなくてもテレビ画面に接続して視聴可能です。

月額は933円(税抜)、税込みだと1,007円です。
とは言っても、『ミストレス』は全16話。ハッキリ言って、初回加入時の無料お試し期間で全部見れてしまいます。
Huluは、加入後なんの手続きもしなくてもそのまま2週間の無料期間が始まり、2週間以内に解約すればお金がまったくかからないということ。
無料期間にやめるペナルティがゼロなのです。

まあ、月額1,000円でこれだけのものが見られるならもう数ヶ月続けるかな、とたいていなるんだと思うんですが…。『ゲーム・オブ・スローンズ』も『ウォーキングデッド』もありますし。

まとめ

最後は打ち切り感ありありなものの、途中までかなりスリリングでおもしろかった『ミストレス』。

ところで、『ゲーム・オブ・スローンズ』以降海外映画はエロス全開が加速している気がするんですが、
個人的にはもうお腹いっぱい感があって。
これくらいの「示唆するくらいのエロス」の方が逆にエロス感があっていい気がしますw

だからこそ、日本版、NHKだけどどうなるのかな~と気になりますね。
40代の恋愛を扱った作品は今の日本をどうとらえて表現するのか、というところも。「愛人たちの秘密」が「女たちの秘密」になっているところも、何か意味があるのでしょうか…。

日本版とイギリス版を比較したい方はぜひHuluで見てみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です