ナショナルジオグラフィックのドキュメンタリー『潜入!北朝鮮』がおもしろい

先日huluで視聴した『潜入!北朝鮮』が非常におもしろかったので、興奮冷めやらぬうちにレポートします。

内容

ナショナルジオグラフィックの記者リサ・リンが、ボランティア医療スタッフに加わって北朝鮮の取材を行う。
病院で治療を受ける人々、街並み、そして一般家庭の取材に成功。
しかしその数年のち、彼女の妹が北朝鮮に拉致されてしまう。

見どころ

数年ぶりに失明から回復し、医師より先に将軍様に感謝する人々。
将軍の批判になりかねない言葉はシャットアウトしてしまい、ポカンとする。

これは平壌市民の様子。将軍への絶対忠誠を誓う代わりにこの「楽園都市」平壌に住めるのだ。
ほとんど宗教ではあるけれど、国を巻き込んだスケールはまるでSF小説の世界さながらでもある。

北朝鮮内部の様子だけでなく、命を懸けてぐいぐいと内部事情を調べようとする記者の根性。
妹を救い出すための手腕。
ナショナルジオグラフィックってすごい!

優秀な人々や政治家の、危機における立ち振る舞いも見どころだ。
クリントン大統領が過去にかけた1本の電話が命を救う。政治ってすごい。

感想

一番の収穫は、北朝鮮のかたくなさや、行動の理由、これからどうなっていくかが少し理解できた気がしたこと。
実は今まであんまり北朝鮮には興味がなく、定期的にワイドショーに煽られて「ミサイル怖いな〜」くらいのことしか考えたこ
とがなかったので。

金正恩についてはやみくもにミサイルを振りかざしたがるただのサイコ野郎だとしか思っていなかったのですが、
それらの行動にも、ちゃんと高度な計算があったのです。

「なんでこんなことしてるのかな。では今後どうなるのかな」と考える土台が1つできたのが収穫でした。

どこで見られるか

Huluはナショナルジオグラフィックのリアルタイム配信のほか、一部のドキュメンタリーの配信も行っているため、2017年12月13日現在、『潜入!北朝鮮』はHuluで見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です