パンデミックがテーマのドラマ3つ

パンデミックがテーマのドラマ3つ

 

今も世界を不安に陥れている新型コロナウイルス。全国的に休校になるとの報道もあり落ち着かない日々ですね…。

タイムリーなことに、ネットフリックスのオリジナルドキュメンタリーシリーズ「パンデミック」が話題になって、世間を騒がせています。
そこで、他にもパンデミックを扱ったドラマ・映画をご紹介します。

 

タイムリー過ぎて怖い… 『 パンデミック -知られざるインフルエンザの脅威- 』

人類は今どのようにパンデミックに備えているのか。備えはできているのか、できていないのか…?「パンデミック」がテーマのドキュメンタリーです。

パンデミックに関する真剣なドキュメンタリー。このご時世一見の価値ありかも…ちょっと、逆に心配になる内容もありますが…。

「薬」の名前の由来となった一族の物語 『 メディチ 』


※画像をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます

新たにメディチ家の当主となった若きコジモ。
彼は先代の父親の死が暗殺であったことに気付き、その真相に迫ろうとする。
しかし政敵の陰謀がかれを阻む…。

直接パンデミックがテーマではありませんが、しばし病気の蔓延がストーリーの重要なターニングポイントとなるためご紹介しました。

「歴史」カテゴリーのドラマ一覧

人間がゾンビ化する病気の蔓延により荒廃した世界が舞台 『 ウォーキング・デッド 』


※画像をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます

アトランタ郊外で保安官として働くリックは、妻と息子、同僚で親友のシェーンとともに平穏な日々を送っていた。ある日、勤務中に銃撃を受け、意識不明の重体となる。幸い意識を取り戻した彼だったが、目覚めた時世界は一変していた。ゾンビが徘徊する中、リックは妻と子を探すため病院を命からがら抜け出す。そこからが長くつらい旅の始まりとなった。

『ウォーキング・デッド』は2010年に始まったゾンビホラードラマ。ゾンビというジャンルというと、苦手な人と好きな人がはっきり分かれそうですが、ウォーキング・デッドは「背景が異なる人たち」が困難を乗り越えて家族のような固いきずなで結ばれていくところや、それぞれがサバイバルのため倫理を侵さなくてはならない極限状態の中で葛藤する人間ドラマが魅力で、ゾンビが苦手な人も引き込まれる内容になっています。

最近ではは荒廃した世界で人間がどう生きていくかというヒューマンドラマに焦点が移っています。

アメリカでは1時間のドラマ番組の後に1時間の関連トークショーが放映されるほどの人気ぶりで、長いシリーズになる予定とのこと。スピン・オフに『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』があります。

つまらない? それでも『ウォーキング・デッド』を見るべき5つの理由
ウォーキング・デッドを全話無料で見る方法
[地図で見る]ウォーキング・デッド一行の旅した場所と位置関係を解明

まとめ

「パンデミック」をテーマにした映画はとても多く、ざっと思いつくだけでも、

「ワールドウォーZ」「サルの惑星」「フィフス・ウェイブ」「メイズランナー」「バイオハザード」などがあります。

こうしてみると、アメリカのものは、病気の蔓延で人類がゾンビ化するものが多いですね…。

 

歴史的に見ると、黒死病やアメリカ原住民を襲った天然痘の物語など、史実は虚構よりも恐ろしい話がたくさんあります…。

 

とにかく、こんな時はなるべく家で過ごしたいものですね…。どうにか収束に向かうことを祈ります…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です