全主要動画配信サービスを全部試した私が教えるおすすめサービス

初めてHuluに加入したのは・・・もう何年も前のこと。その後進撃の巨人(映画)を見るためdTVに加入。アメリカドラマにハマりにハマってNetflixに加入。他の動画配信サービスも気になりだして、U-Next、Paravi、Amazonプライム・ビデオ、Tsutaya動画・・・・ほんとにいろんなサービスを試してきました。

そんな何社も比較した私だから考える、動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を選ぶポイントとおすすめをご紹介したいと思います。

動画配信サービスを選ぶうえで重視すべき2つのポイント

テレビに接続する環境があるか?

パソコンで映画やドラマを見ることがまったく苦にならない人はかまいませんが、やっぱり映画やドラマやリラックスしながら大きなテレビ画面で見るのが一番。
このために外部機器を購入する準備があるのならよいですが、せっかくなら、今の環境のまま見られるのが一番ですよね。
今の主要動画配信サービスはどれも過不足なく、どれを選んでも一定の満足を得られると思います。機能も似たり寄ったり。でもテレビ接続環境だけはサービスによって大きく異なります。

インターネットテレビを持っている場合:
インターネットに接続できるテレビを持っている場合は、ほとんどの主要動画サービスに接続が可能ですので、あとは見たいジャンルで選ぶのみです。利用しているテレビのホームページに「利用可能なアプリ一覧」が掲載されている場合が多いので、心配だったらそちらで確認できます。

ChromeCastを持っている場合:
Chrome Castがあればほとんどのビデオ・オン・デマンドをテレビ画面で見ることが可能になります。ただし、2019年6月20日現在、Amazonプライム・ビデオやスターチャンネルインターネットTVは対応していないようです。
ですが、主要なところではHulu、Netflix、dTV、U-Nextが対応していますので、この中から自分にあったサービスを見つけるとよいと思います。

2.見たい動画から選ぶ

結局はこれです。一番見たいものは何か?それを取り扱っているサービスを選ぶのが一番です。
各サービスのホームページから検索できますが、それぞれにアクセスして検索するのも面倒なので、海外ドラマならば、よければ下のリストに見たいものがあるかチェックしてみてください。取り扱っている動画配信サービスがわかります(情報が更新されている場合があるので、こちらで確認して目星をつけたら、登録前に必ず1度今現在取り扱いがあることを当該サイトで確認してください)。

(一部またはすべて無料で視聴できる)海外ドラマ一覧

動画配信サービスの傾向

だいたいの動画配信サービスが大ヒット作品は取り揃えていますが、揃える作品に、ある程度傾向はあります。
例えば、アニメが好きならば、私ならばNetflixを選びます。アニメの種類が多いしオリジナルアニメもクオリティが高めです。アニメが好きだけれど、費用を抑えたい場合はdTVを選びます。

海外ドラマが好きな場合は、メジャーどころを抑えているHuluを選ぶと思います。かなりドラマが好きで、『ザ・クラウン』や『オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック』、『ハンドメイズテイル』などのオリジナルドラマも制覇したいならば、NetflixとHuluの2つ使いです。

アダルトを見たいかどうかも大きなポイントとなります。Netflix・Huluなどはアダルトの取り扱いがありません。
その場合のオススメはU-Nextです。月額料金が2,000円前後で他と比べて割高感がありますが、ファミリーでの利用を前提に作られていて、アカウントを分けて子どもも含め、家族全員で楽しめば元が取れます。

国内ドラマの見逃し配信を中心に見たい場合は、とくにどの局のものを見たいかによって変わってきます。日テレならHulu、テレ東・TBSならParavi、フジならFODプレミアムになるかと思います。いずれも無料お試し期間がありますが、こちらと契約する前に、1回だけ見逃したならばまずはTVerで検索するとよいと思います。

以前はイマイチだったAmazonプライム・ビデオもクオリティが上がってきています。すでにAmazonアカウントを持っていて、とりあえず動画配信サービスとはどんなものか経験してみたい人にはAmazonプライム・ビデオから始めることをお勧めします。

その他の検討事項

ダウンロード視聴の有無

あとは割とどこも似たり寄ったりのスペックですが、外出先でも動画を見たい人はダウンロード視聴の有無も要チェックです。

通常ネットによる動画視聴は、見ている間は結構な通信量になります。Wi-Fi環境があればいいですが、たとえば通勤中や待ち合わせ時間中の外での視聴はオススメできません。
そこで助かるのが、オフライン視聴とも言われるダウンロード機能です。

この機能があれば、一時的に使っているパソコンやスマホに動画を保存して、Wi-Fi環境がなくても通信量を気にせず視聴できるというものです。
最近Huluにもこの機能ができて、大手の標準機能と言う感じになってきましたが、たとえばFODプレミアムや、スターチャンネルインターネットTVなどはオフライン視聴ができません。
また、使ってみた感触として、U-Nextはダウンロード視聴可能なコンテンツの縛りが多めなので、移動中の視聴がメインとなる人にはあまりお勧めしません。

まとめ

これから動画配信サービスに加入したいという人は、
1. テレビでの視聴方法を決める
2. 見たい番組と見たいジャンルを決める
この2つをまずは決めることです。

ですが・・・あまり難しく考える必要はないと思います!
ざっと決めたら、あとはお試し利用してみるのみです。なにせだいたいどの会社も契約後は自動的に無料お試し期間になるので。しかもお試し期間中に解約してもペナルティもなければ、その後勧誘電話がかかってくる、というようなこともありませんでした。

まだまだ迷っているという場合は、とりあえずHulu⇒U-Next⇒Amazonプライム・ビデオの順番に加入して、見たいだけ見てからどれか1つに決めてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です